KOJIKA17

WordPressのレイアウトをマウスだけで変更できてしまう「PressWork」

WordPressのテーマを変更する場合、ロゴマーク1つでもHTMLなどを触る必要があります。
しかし、PressWorkはブラウザ上でHTML,PHPを触らずにロゴマークの変更から、WordPressのレイアウトを変更できてしまいます。
非常によくできたテーマだったので、簡単にご紹介します。

PressWork

PressWorkの管理画面

このテーマの特徴は、サイトを見ながら編集できる点です。

これが管理画面になります。

左下に出ているメニューから変更を行います。

メニューのアイコンは上から
  1. PressWork Settings
  2. Layout
  3. Colors
  4. Fonts
  5. Social
  6. Save

PressWork Settings

レイアウトをマウスだけで変更することができます。

Drag & Drop Editor を ON にします。 黒いバーが現れるので、黒いバーをドラックし、カラムを移動することができます。


Layout

Main Content, First Sidebar, Second Sidebar など数値を変更すると、
そのサイズにリサイズしてくれます。

プルダウンからHeader, Main Content, Footer を選択し、表示したい項目を追加することができます。
もう既にその項目が出ている場合は、変更はありません。
またこの項目から削除することもできません。

例えば1カラムにしたい場合は、消したいカラムの黒いバーの×をクリックして下さい。

2カラムにしたい場合は、
Layout -> Main Content -> First Sidebar の Add をクリック。

3カラムにしたい場合は、
Layout -> Main Content -> Second Sidebar の Add をクリック。

黒いバーの部分をドラッグ&ドロップで、Sidebar の順序を入れ替えることも可能です。

Color

ブログ名、リンク、テキスト、フッターのナビゲーションまで色を変更することができます。

Fonts

ヘッダー、ボディー部分のみGoogleフォントを利用して、フォントを変更することができます。

ベースのフォントサイズも変更することができます。
以下はベースのフォントサイズを12pxと20pxにした時の比較です。

Social

それぞれの項目にユーザーIDを入れると、ヘッダーの右上に表示されます。

Save

現状のレイアウトなどを保存します。
特にPressWork Settingsなどを使っている時などは保存しないと、レイアウトなどが戻ってしまうので、小まめに保存した方が良さそうです。

ウィジェットを利用したコンテンツの挿入

よく見かけるWordPressテーマでは、サイドナビやフッターぐらいしかウィジェットを利用できませんが、PressWorkでは、全てのエリアにウィジェットを入れることができます。

簡単なデザインならPressWorkで編集し、CSSを書き換えるだけで制作できてしまいそうです。
スクリーンキャプチャだけでは、実際の動きなど分からないので、ぜひ試して欲しいテーマです。